×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

103系奇跡の復活!



仙石線多賀城駅高架化工事に伴い、多賀城折り返しだった列車が
東塩釜まで延長運転されることとなり、その関係で運用増となったことに対応するため、
郡山工場に留置されていた103系(RT-235編成)が運用復帰することになりました。
その際、クハ103-235にトイレの新設、シングルアームパンタへ交換等が行われ、
元々特徴が多かった同車がさらにオリジナリティを増しています。
尚、同編成は2007年3月18日のダイヤ改正より、平日朝ラッシュ時のみ運行しています。

*画像は特記されたものを除き、全て2007年3月29日に撮影したものです*

 


電車区から出庫してきたRT-235編成


クハ103-235側


車内の様子  凄くきれい


あおば通停車中


開扉ボタン


扇風機の跡だっけ?


クハ103-235に新たに設置されたトイレ


奥の方の右側がトイレです


103系初のシングルアームパンタ


あおば通方


本塩釜にて


小鶴新田にて(小鶴新田止めなので既に回送幕)


一気に引いてもう1枚

↑あおば通↑


クハ103-236


モハ102-499


モハ103-343


クハ103-235
↓石巻↓


発車、電車区へ







撮りすぎたw

 


おまけ:放置留置されていた頃のRT-235(2006年8月)


おまけ:おでこが痛々しい・・・(2006年8月)

 


おまけ:さらに昔、右にいる緑色のって何だ?(2005年9月)


おまけ:磐越東線車内から、しょぼーんとしてるように見える(2005年9月)


おまけ:反対側(2005年9月)

 

*一部画像はトリミングしています*


特集一覧へ